No commit activity in last 3 years
No release in over 3 years
There's a lot of open issues
This is MySQL connector. pure Ruby version
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
 Project Readme

ruby-mysql¶ ↑

Description¶ ↑

MySQL connector for Ruby.

Installation¶ ↑

ruby setup.rb

Gem Installation¶ ↑

gem install ruby-mysql

Features/Problems¶ ↑

  • Ruby だけで書かれているのでコンパイル不要です。

  • Ruby 1.9.x の M17N に対応しています。

  • MySQL/Ruby 2.8.x とほぼ互換があります。

Synopsis¶ ↑

使用例:

my = Mysql.connect('hostname', 'username', 'password', 'dbname')
my.query("select col1, col2 from tblname").each do |col1, col2|
  p col1, col2
end
stmt = my.prepare('insert into tblname (col1,col2) values (?,?)')
stmt.execute 123, 'abc'

Incompatible with MySQL/Ruby 2.8.x¶ ↑

  • Ruby 1.8.x ではシフトJISのような安全でないマルチバイト文字セットに対して Mysql#escape_string を使用すると例外が発生します。

  • いくつかのメソッドがありません: Mysql#debug, Mysql#change_user, Mysql#create_db, Mysql#drop_db, Mysql#dump_debug_info, Mysql#ssl_set, Mysql#reconnect

  • Mysql#options でサポートしているオプションは次のものだけです: Mysql::INIT_COMMAND, Mysql::OPT_CONNECT_TIMEOUT, Mysql::OPT_LOCAL_INFILE, Mysql::OPT_READ_TIMEOUT, Mysql::OPT_WRITE_TIMEOUT, Mysql::SET_CHARSET_NAME. これら以外を指定すると “option not implementted” という warning が標準エラー出力に出力されます。

  • Mysql#use_result は Mysql#store_result と同じです。つまりサーバーから一気に結果セットを読み込みます。

Improvement from MySQL/Ruby 2.8.x¶ ↑

  • Ruby 1.9.x の M17N に対応しています。 mysqld へのクエリ文字列やプリペアドステートメントで与える値は mysqld との接続の文字コードに自動的に変換されます。 mysqld からの結果文字列は接続文字コードとして取り出されます。

  • Mysql::Result, Mysql::Stmt が Enumerable を include しています。

  • ブロックなしの Mysql::Result#each, each_hash Mysql::Stmt#each, each_hash が Enumerator を返します。

  • Mysql#charset= で接続 charset を指定できます。

  • Mysql::Error だけでなく、エラー種別ごとにエラークラスが用意されてます。たとえば、構文エラーの場合は Mysql::ServerError::ParseError など。これらのエラーは Mysql::Error の継承クラスです。

Author

TOMITA Masahiro <tommy@tmtm.org>

Copyright

Copyright © 2009-2012 TOMITA Masahiro

License

Ruby's